執筆書籍

著者メッセージ

当法人代表の山地が、不動産売買仲介業を開業しようとする方や既に開業されている方を対象に、すべて自身が自分の言葉で書き下ろした書籍を上梓しました。


『宅建業は免許制度(宅地建物取引業法)に基づく各種規制を遵守しつつ、かつ、勉強しなければならないことがあまりに多く、とても厳しい業種です。
にもかかわらず、小資本で始められる割に多くのお金を取り扱うことができることもあるせいか、素人がプロを装って一般消費者・個人投資家を欺き利益獲得に翻弄するビジネスパーソンも残念ながらいます。
そのため、世間一般ではマイナスなイメージを持たれている人も少なくないことから、逆にコンプライアンスを徹底し絶えず研鑽を続けられる人ならば、「勝ち目のある業界」と言えるでしょう。
本書は類書と大きく異なり、「簡単には夢を見させない」ものではありますが、ここに書かれている内容をきっかけに努力を続ければ、「信頼される宅建業者」として成功できる可能性が大いに開けてくると感じます。』


宅建業はサービス業の中でも非常に知的でアカデミックな仕事です。
取引先や顧客を幸せにしようという心優しき優秀な宅建業者は既にいるものの、そのような志を持ったより多くの人たちに是非この業界に参入いただき、互いに切磋琢磨し、従来の不動産業界全体に対するイメージを払拭していただきたいという、筆者の強い願いが込められた本となっています。


東京・大阪の一部の大書店及びオンライン書店で販売が開始されましたので、よろしければぜひご購入いただけたら幸いです。

書籍詳細

タイトル不動産売買仲介業者必携  宅建業 開業・経営の押さえどころ
著者行政書士法人不動産法務研究所 代表社員 山地 正朗(やまじ まさあき)
発売日2022年8月19日
ページ数176ページ
目次[第1章] 宅建業を始める前に知っておくべきこと
[第2章] 開業後の留意事項
[第3章] 物件調査・契約事務について
[第4章] 起業家の心得
[第5章] 付録・不動産仲介営業職(フルコミッション)用業務委託契約書ひな型
発行者小早川 幸一郎
発行株式会社クロスメディア・パブリッシング
発売株式会社インプレス
印刷株式会社シナノ
取扱いamazon [書籍&電子書籍]
・都内一部書店