申請~開業までの日数(都知事免許の場合)

a0008_001842ご自身で申請しようとする場合、まず都庁第二本庁舎3階にある不動産業課に相談へ行かれることと思います。

そこで免許申請後、開業できるまでどのくらいの日数がかかるのか質問されている方をときどきお見受けします。

 

そうすると都の職員は、「申請から免許通知までが30日~40日程度、そこから保証協会の加入をご希望される場合には免許証を受領(実際に開業できる日)できるまで最終的に2~3か月はかかります。」と回答されているようです。

 

しかし、当事務所のような宅建業免許申請の代行受託実績が多い行政書士にご依頼いただければ、最短1ヶ月で開業可能なのです!

 

都の職員と癒着しているから、とか、顔なじみで融通をきかせてもらえるから、などでは決してありません。

昨今においてそんなことが通用するわけありませんよね。

 

では、なぜ??…それは、都への免許申請と同日に保証協会への申請も行うからです!

 

都の審査期間中に並行して保証協会も審査していただくことにより圧倒的なスピードを実現します。

また、経験豊富な行政書士は補正指示を受けることが極めて少ないため、決裁されるまでの期間も週単位で早いのです。

 

結果、申請から免許通知(免許年月日と番号の記載がされているハガキが届く)までが3~4週間、そこから免許証受領(開業日)までが10日前後となり、最短1ヶ月が可能になるのです。

 

もし、10万円以下の謝礼だけで1ヶ月以上開業が早まるなら、あなたならその間にどれだけの売上を得ることができますか?

経験や人脈がある方ならひと月に1本(100万円)くらい稼げる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

⇒ 100万円 - 10万円 = 90万円(自分で申請していたら得られなかった儲け)

 

【ちなみに、当事務所なら都庁への証紙代33,000円(審査手数料)込み、さらに保証協会の申請取次込で総額99,000円です。】

 

免許の申請ごときに時間と手間を使ってしまい、目の前の大きな獲物を逃してしまうようでは早々に経営者としての資質を問われかねません。

都の窓口で相談しながらペンを執る暇があったら、ぜひ当事務所にご相談ください!

当事務所なら申請までの時間も節約可能です!!

 

宅建業免許申請の格安代行サービスはこちら>>>